naturalgreenlife

It is healed and it lives with Garden designer's plant and dog.         花と緑と犬と。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--[--] Post --:--  CO:-  TB:-  スポンサー広告  Top▲

パリのデパート ギャラリー・ラファイエット



1893年創業のデパート "ギャラリー・ラファイエット"

デパート

この天井に施されたドーム型ステンドグラスは、
歴史的建造物に指定されています。
(ネオ・ビザンチン様式)

デパートのこのゴージャスさに目が奪われて
なんか買い物する気になれないのは私だけかしら?


デパート

最終日。
ゆっくりランチする時間も無くなってしまったので
ここでお惣菜を買って帰り、短い滞在を泣く泣く帰宅のパッキング。

お惣菜


お惣菜

スレッド:海外旅行記 / ジャンル:旅行

スポンサーサイト
2008.08.30[Sat] Post 22:55  CO:0  TB:0  Travel  Top▲

CATHEDRALE NOTRE-DAME


シメールのギャラリー

して

シテ島のノートルダム大聖堂(ノートルダム寺院)の上にある回廊には
ギャラリーシメールがあります。

初めてシテ島のノートルダム大聖堂に行った時は17時
大聖堂の上にあるシメールのギャラリーに行くには
大聖堂の建物の外にある入り口から狭い螺旋階段を登っていくのです。
でも、17時で終わりで上がることが出来ませんでした。

なので、最終日の本日は
早朝からGO!


して
↑シテ島の先端も見渡すことができました。


して

シメールとは伝説の怪獣(キマイラ)のことでギリシア神話で
出てくる火を吐く怪獣だそうで、大聖堂の魔よけの役割をしているのです。

パリの街を、毎日見てるのですね~。

して

ノートルダムの鐘のモデルになった”鐘”

ノートルダムの鐘 IIノートルダムの鐘 II
(2002/03/29)
ディズニー

商品詳細を見る

スレッド:海外旅行記 / ジャンル:旅行

2008.08.30[Sat] Post 22:28  CO:0  TB:0  Travel  Top▲

PONT NEUF



PONT NEUF

PONT NEUF


日本へと帰る最終日は、こんなに良いお天気でした。

PONT NEUF


PONT NEUF・・・直訳すれと「新橋」
セーヌで一番古い橋だそうです。


PONT NEUF

PONT NEUF

スレッド:海外旅行記 / ジャンル:旅行

2008.08.30[Sat] Post 22:25  CO:0  TB:0  Travel  Top▲

Mont Saint-Michel



【Mont Saint-Michel】へ

Mont Saint-Michel


↓ここが、有名なオムレツやさん。

結局、食べてると観光できなくなるので
断念して、別なところで簡単に早く食べれるものにしましたよ。

Mont Saint-Michel

見渡す限り・・・

Mont Saint-Michel



Mont Saint-Michel

結構、家族で旅行に来てるんですね。
最近、日本ではこんなお年頃の男の子が
家族で旅行してるのなんて見ないですが・・・

ファミリーのありかたが違うきがしました。

Mont Saint-Michel

物を、上にあげるのに
人間がこの中に入って、まわして引っ張り上げるのです。

人間モルモットです。

牢獄だった時代、囚人がやらされたのです。


Mont Saint-Michel


友達が頼んだ、↓そば粉のクレープです。



そば粉のクレープ

ムール貝がこんなに美味しいなんて!!

ちょっと塩味が濃いけど、ガーリックがきいてて最高!

貝はかなり小粒です。

ムール貝

家に帰ったら挑戦しよう♪

スレッド:海外旅行記 / ジャンル:旅行

2008.08.29[Fri] Post 23:23  CO:4  TB:0  Travel  Top▲

Normandie ラ・ブイユ村



モンサンミッシェルへ向かう途中で立ち寄った
小さな村、 ラ・ブイユ村です。

Normandie


のどかな風景をご覧下さい~。

朝早かったせいもありますが、とても静かで
時間がゆっくり流れている気がしました。


Normandie ラ・ブイユ村

こんな風景、
真っ赤な薔薇が映えますね。

Normandie ラ・ブイユ村

名作「家なき子」の作者である小説家エクトール・マロの故郷で
ここが↓彼が生まれ育ったお家。


Normandie ラ・ブイユ村

マダムのお買い物。

買い物籠が良く似合います。

ここには、スパーのレジ袋なんて無いのでしょうか?
昔ながらに買い物は、買い物籠を持って・・・

エコでもあるし、良いことです。


Normandie ラ・ブイユ村

こんなのどかな暮らしぶり・・・
日本じゃ見かけなくなりましたね。
どこにでも、コンビニあるし。


Normandie ラ・ブイユ村


↓秋色になったアジサイがシックで
素敵な玄関を飾っていました。
イギリスでもそうでしたが、フランスでもアジサイ多く見られましたよ。


Normandie ラ・ブイユ村

お店の看板が可愛い!

ドイツのロマンチック街道も看板がかわいいけど
ここも負けずと可愛い!
木組みもお家も多いので、なんだかドイツを思わせます。


Normandie ラ・ブイユ村

絶壁に挟まれた小さな村ラ・ブイユ


セーヌ川を流れる渡し舟。

メルヘンチックでかわいらしい村でした♪


Normandie ラ・ブイユ村


日本人観光客のために?
わざわざ朝早くから開けてくれていたクレープやさん。

この日朝から何も食べていなかったので、
あたたかい、カフェクリームは ほんとあったまってホッとしました。

クレープはざらめの砂糖がきいてて
めちゃ甘。

クレープ

スレッド:海外旅行記 / ジャンル:旅行

2008.08.29[Fri] Post 22:20  CO:0  TB:0  Travel  Top▲

Château de Malmaison



【Château de Malmaison】

マルメゾン

お天気はイマイチでしたが、今日は
ナポレオン皇帝妃のジョセフィーヌが住んでいた場所
Malmaison(マルメゾン)へ。
marumezon


マルメゾン

RER Rueile-Malmaison駅から バス144 ~ 乗り換え258
というので、 Rueile-Malmaisonへ

ところが、Rueile-Malmaison駅降りけどバスが良くわからないので
あたふたしてたら、 後ろから 「May I help you?」と

振り返ってみたら、超~~~~~~~~~~かわいい子(女子大生風)

あまりに可愛いので、見とれちゃって・・・
一瞬パニック。
(写真とりたかったな~あのこ・・・)

で、よくわからないまま結局タクシーでマルメゾンへ行きました。

マルメゾン

ここは薔薇好きな人なら一度は見てみたい場所ではないでしょうか?

ナポレオンと離婚し、ジョゼフィーヌは、このマルメゾンでたくさんの薔薇を収集しました。
世界中から集めたのです。
そして、そのバラのコレクションを、ピエール・ルドゥーテという植物画の第一人者に
に描かせ植物図鑑を作りました。

現在の薔薇の数々・・・・

このジョセフィーヌ無しでは、存在しなかったでしょう。

マルメゾン

こんなところで、ナポレオンはジョセフィーヌと愛を語り合ったのでしょうか?


marumezon

ジョセフィーヌに捧げるのは、ベビーピンクの薔薇。

marumezon

離婚はしたけれど、ジョセフィーヌはナポレオンのことが
忘れられなかったとか。

薔薇に情熱を向けたのは、ナポレオンを失った
寂しさからだったのでしょう。

マルメゾン

マルメゾン宮殿では、ナポレオンとジョセフィーヌの像が
おちらこちらに見られました。

マルメゾン


マルメゾン宮殿の中は、ナポレオンとジョセフィーヌの生活品を見ることができます。

パリのルーブル美術館のナポレオンに関しては
政治的なものの展示だとしたら、こちらは
プライベートな感じで面白いです。

marumezon



marumezon



marumezon


http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/Rose/010218.html

marumezon

ナポレオンって、おしゃれだったんですね~。

遠征するにも
香水やら、ヘアケア・ネイルセット・・・・
いろんなもん持って行ったのですねぇ。

marumezon

見学を終えて、バス通りへ。

marumezon

お腹が空いたので、こちらでLUNCH.


marumezon

ここのレストランは美味しかった!!!

marumezon



marumezon


marumezon

帰りは、BUSに乗って・・・

marumezon

marumezon

スレッド:海外旅行記 / ジャンル:旅行

2008.08.28[Thu] Post 21:28  CO:0  TB:0  Travel  Top▲

Musée du Louvre



【Musée du Louvre】

ものすごい良い天気になりました。

オルセー美術館を出て、ルーブル美術館へ向かう道すがら
綺麗な街の風景を楽しみながら写真に収め歩いて行きました。

hiroba

船のモチーフ。
街燈だってこんなにステキ。

コンコルド広場
hiroba


チュイルリーとカルーゼルの庭園
を通って、この先がルーブル美術館。

hiroba

ルーブル美術館が見えました!

到着した時刻は、17:00!

ルーブル美術館は、水曜日22時までなんですよ。

美術館めぐりはとても1日では出来ませんから

せめて、遅くまで見られる水曜日でスケジュール組みました♪


ルーブル


ルーブル美術館公式サイト

3階の絵を見るだけで2時間。
しかも、待ち合わせを19時にしていたので猛スピードで見ました。

もっとゆっくりできたら良かったな~。


19時に待ち合わせて、今度は
ナポレオンがメインになってる2階へ
とにかく、広いので2階を見てたらあっという間に
close時間。(涙)

ぜんぜん時間が足りません~!!

結局、一階は殆ど見ずじまい。とにかく広い!! →館内マップ

ルーブル


すっかり22時。

夜景も綺麗だね~。なんてゆっくりしていたら
ディナーなありつけそうになくなったので、このあと
急いで帰りました~。

ルーブル

スレッド:海外旅行記 / ジャンル:旅行

2008.08.27[Wed] Post 23:55  CO:0  TB:0  Travel  Top▲

Musée d'Orsay


【Musée d'Orsay】

オルセー

美術館めぐりの1日。

オルセー → オランジュリー →ルーブルと
Museeめぐり。

何を見ても美しいので、目は爛爛!

しかし、体がついていかないのよね~。

足がパンパンに、腰は痛くて・・・

それでも、歩きまわったのでした。(疲労骨折するかと思ったわ)

【Musée d'Orsay】
オルセー

19世紀美術専門の美術館で印象派の画家の作品が
数多く収蔵されていることで有名なオルセー美術館。

アレクサンドル・カバネル『ヴィーナスの誕生』
ウィリアム・アドルフ・ブグロー『ヴィーナスの誕生』
ミレー『晩鐘』・『落穂拾い』『春』
マネやモネ・ルノワール
フィンセント・ファン・ゴッホ
アンリ・ルソー『戦争』(1894年頃)
フランソワ・ポンポン

などなど、美術に教科書でおなじみの絵も多くあり
実際に見ると絵からオーラが出ているようで感動でした。

オルセー

オルセー美術館の建物はもともとは駅でした。

設計者は、ヴィクトール・ラルー


アーチ型のルーフが長く伸びて、駅のホームの感じが残っています。


オルセー

一階の一番奥に行くと
ガラス張りの床の下にパリ市の街が見えます。もちろんミニチュア。
街そのものも設計されてのですね・・・


オルセー


建築物が大好きな私としては
これが気に入りました↓ オペラ座のミニチュア模型。

断面で中の造りがよくわかります!!

すごい!!感動~!


オルセー

ここにもある。

見たこと有りますよね~。

なんかのコマーシャルで有名になりました。


”地獄の門”


オルセー

この『考える人』は”地獄の門”の一部分にあたるのでした。

でも、世界20カ国に複製があるらしいです。そおいえば
東京・上野 国立西洋美術館の前庭にも、屋外展示されていましたね~。

オルセー

オルセーからセーヌ川の向こうに見えるは・・・

ルーブル美術館。

窓の向こうの景色が、まるでキャンバスに描かれた
絵のようです。

オルセー

表に見える大きな時計。

建物の中から見ることが出来ました。

時計の裏(室内)は、cafeになっているので

時計の窓から差し込む光の中で,cafe一休み。

オルセー


ヨーロッパの美術館て
殆どのところが、フラッシュを炊かなければ
撮影可能。

有名な絵だって、撮りまくれます!!日本ではありえないですよね。

流石に、絵は写真に撮ってたら、とてもじゃないけど
収まりきらないので心の中にしっかりと記憶


スレッド:海外旅行記 / ジャンル:旅行

2008.08.27[Wed] Post 23:50  CO:0  TB:0  Travel  Top▲

Giverny




Giverny

モネが暮らしたことで有名な村、ジヴェルニー

ジベルニー

パリから北西へ約88キロのところに位置します。
パリから電車で隣町で降り、バスを乗り約一時間かけて来たのだから
花がいっぱいでのんびりした田舎の町”Giverny(ジベルニー)”
の町並みを紹介します~。

唯一あるホテル↓
小さくて可愛かったです。とても古いですが
古い良さが出てました♪

ジベルニー

Rue Claude MONET クロード モネ通り ↓

ジベルニー

モネの家の近くにあるshop↓

写真の右下の花はベンケイソウの仲間かしら?
淡い色だけど、こんなに纏まって咲いていると素敵です。

ジベルニー



ジベルニー


↓この小さな小屋。

なんだろう?と思ってたら バス停でした。

田舎よね~。 でもそれが、とても可愛い!!

ジベルニー

緑の窓

モネの家です。

モネ家

2階の窓からは、広い庭が一望できて、季節の花たちが
とても綺麗でした。

モネの家の中は、キッチンは黄色の部屋。と部屋ごとに
カラーがあるんです。

そして、庭の方もスペースごとに
テーマカラーがあるようで、オレンジの区画・ピンクの区画・・・と
分かれていました


ジベルニー

スレッド:海外旅行記 / ジャンル:旅行

2008.08.27[Wed] Post 21:21  CO:0  TB:0  Travel  Top▲

Claude Monet



モネの庭

今日は独りで”モネの庭”で有名なparis郊外のgivernyへ。

パリ市内からモネの庭へは、パリのサンラザール駅から電車(SNCF)で行きました。

モネの庭はジヴェルニーという小さな町にあるのですが
電車は走っていないので、となり町のヴェルノンという駅で降りて
ヴェルノン駅から出ているバスで行くのです。

詳しいアクセスはこちら → http://www.francechateaux.jp/theme/giverny/train&bus/access.html


モネの庭

サンラザール駅の切符売り場の人は、なんだかとっても陽気で親切でした。
歌、歌いながらノリノリで切符販売!!
ヴェルノン駅まで。と言って切符を買うと
”ジヴェルニー”のモネの庭に行くとわかったらしく
丁度良い電車の時刻とバスの時刻表をくれました。

そして、 ”Bon Voyage!”とウインク♪

あはは~。かなりハイテンション!日本の鉄道員とはだいぶ違いますな。


http://pagesperso-orange.fr/jenl/frame.html


モネの庭


8時15分発の電車。

駅員さんがくれた印刷してある時刻表には
出発ホームの番号が書いてあるのですが
駅員さんが言うには、「ホームの番号は変わるから
テレビを見て確認して。」とのこと。

もらった紙には18番線発と書いてありましたが
実際には17番線でした。

↓ヴェルノン駅。 田舎って感じでよいですね~。



mone の庭


電車に乗って、車窓から眺める景色がだんだんと変化していくのが
とってもステキ!
そしてどんな人たちが、どんな駅で乗ってきて・・・なんて
人間ウォッチングしながら、あっという間に過ぎていった時間。
電車の旅はやめられない~♪

(唯一の欠点は、電車の窓ガラスが汚いこと)

左上はサンラザール駅の中。ここでパンとコーヒーを買って電車へ。
右上は、ヴェルノン駅。
左下はヴェルノン駅からジヴェルニーのモネの庭へ行くバス
右下は、”モネの庭”へ向かうバスの中です~。

mone の庭

モネが暮らした家。↓
グリーンの窓が印象的。

日本贔屓のモネ。
お家の中は、浮世絵がかなり多く飾られていました。
(ちなみに室内は撮影禁止でした)

モネの家


睡蓮のある庭。

イギリスや、イタリア・スペインからの
観光客が多かったです。
それも、年齢層は高め。

mone の庭



パリに戻って・・・

↓モネの絵が置いてある ”オランジュリー美術館”へ。

Musee de l' Orangerie

美術館

モネの絵 ”睡蓮”を見にたくさんの人が来ていて
このような混みよう・・・・

美術館の中

めづらしく人がいなくなったので、パチリ!


モネの睡蓮


モネの庭から出て、近くのカフェで食べた
その名も「モネサラダ」。

一人なので、サラダのみ。
それでも一人で食べるには凄い量です。

美味しかったですよ。
サーモンに新鮮なマッシュルーム♪
モネ サラダ

スレッド:海外旅行記 / ジャンル:旅行

2008.08.27[Wed] Post 20:50  CO:2  TB:0  Travel  Top▲

かたつむり

びすとろ

ベルサイユ宮殿を1日かけて見学したあと

足は痛いわ、腰も痛いわで休憩することにしました。

通りのベンチで休んでいると、見知らぬおじさんが声かけてきて・・・
しかも、浮浪者か?っつー感じの・・・・
ちょっとどうしたものかと、迷ってたけど
ベンチから立つのも大変なほど疲れてたので
しばらくおじさんのお相手をしました。

すると、この様子を見ていたレストランの厨房の人たちが
助け舟? ひやかしで面白がってるのか? ケーキをくれました。
おじさんと、私たちの3人分。。。

で、なりゆきですが、本日のディナーはそこのレストラン。

早速、エスカルゴ~♪

ビストロ

大好きな鴨肉を注文!

一人分注文したのに、2人で分けてもこの量!
マスタードソースもおいしいこと!
ヨーロッパ人はのマスタードの使いかた見習わなくっちゃ。

トマトのグリルもとってもナイスですっ

びすとろ

モッツアレラチーズとトマトも
ビネガーが効いててとてもおいしい~。

エスカルゴは、バジルソースが決めて!!

びすとろ


入ったレストランはこちらです ↓

びすとろ

やっと満足のいく食事にありつけて
ゆっくり過ごして帰ったのでした~。

帰り道は、乗り換え間違えたりして遠い道のりでしたが・・・

スレッド:海外旅行記 / ジャンル:旅行

2008.08.26[Tue] Post 23:59  CO:2  TB:0  Travel  Top▲

Château de Versailles ~愛の殿堂~


~Temple de l'Amour~

愛の殿堂

~Temple de l'Amour~
日本語では、”愛の殿堂”と呼ばれています。

http://www.museesdefrance.org/podcast/pod_ant02.html#01

プチトリアノンから出て広い庭を見ると、この”愛の殿堂”と呼ばれる建物があります。
マリー・アントワネットが恋人とここで愛を語りあっていたと言われる場所です。
(愛って・・・美しい響きだけど浮気ですから~)

でも、恋するときの何もかもが楽しくて美しくみえるこの瞬間を
ここで恋人と過ごしたんですね~。


ここには前から行って見たくて、昔の写真を調べてたのですが
以前はドームの部分が緑色だったようです。
どうやら1999年の暴風で大きな被害を受けて修復したので
現在のように統一された色になったようです。
修復工事が終わっていて良かった~。


愛の殿堂


「愛の殿堂」という名称は、ギリシャ神話をモチーフとした彫像が中に
収められていることから来ているそうです。

てっきり、マリーアントワネットが恋人といちゃついてたところだからだと思ったわ。



ん!?
ズーム!!
(あはは~趣味悪?)


愛の殿堂

おぉ~。熱烈な

この後、私が ”愛の殿堂”にたどり着くまでに何組のカップルが
したことでしょう!!

ここですると、幸せになれるとかあるのかしらん???


愛の殿堂

1778年にリシャール・ミックが新古典様式で建てたもので総大理石。
コリント式柱頭、フリーズや丸屋根には彫刻があり女性らしい素敵な素敵です。

真ん中の彫刻(像)は、ブーシャルドンの作品で「ヘラクレスの棍棒で弓を作るキューピッド」
でも、これはレプリカ(ムーシー作)で、本物のキューピットの像は、現在は
「ルーブル美術館」にあるのだそうです。

(ルーブルに行ったら見たいと思ってましたが、見そびれました(涙))

愛の殿堂

それにしても、プチトリアノンや周りから丸見えなんだけど。
ここが逢引きの場所だとしたら、人目もはばからず・・・・って感じよね~。

恋する二人は盲目?




スレッド:海外旅行記 / ジャンル:旅行

2008.08.26[Tue] Post 22:02  CO:2  TB:0  Travel  Top▲

Château de Versailles ~le Grand Trianon~



~le Grand Trianon~

大トリアノン


ヴェルサイユ宮殿の庭園にある離宮の一つ "大トリアノン”。

http://www.chateauversailles.fr/jp/121_Le_Grand_Trianon.php

大トリアノン


ルイ14世は公式愛妾マントノン夫人を伴い、家族との静養のために
何度もここに滞在していたのだそうです。

(公式愛妾って・・・この時代に生まれなくて良かった・・・)

どちらかと言うと、愛する妻は1人だけで・・・
生涯、この妻を愛した・・・・ってな実話だともっとロマンチックな
場所になったと思うのだが・・・。

今も昔も・・・華やかな世界に愛人にのゴシップねたが好き。
ここまで語り継がれるのも無理はないな・・・・

大トリアノン

ピンク色の大理石がとってもメルヘンでキュートでした。



スレッド:海外旅行記 / ジャンル:旅行

2008.08.26[Tue] Post 20:21  CO:0  TB:0  Travel  Top▲

Château de Versailles ~Le Petit-Tria~


~Le Petit-Trianon ~

小トリアノン

ルイ15世が愛人ポンパドゥール夫人と過ごした場所。

えっ? ここも愛人と~!!!!???

まったく。

ポンパドゥール侯爵夫人ポンパドゥール侯爵夫人
(2003/08)
ナンシー ミットフォード

商品詳細を見る
<

http://edb.kulib.kyoto-u.ac.jp/exhibit/f12/f12cont.html


でも、なぜか ”ポンパドゥール侯爵夫人”許せるかな。


小トリアノン

↑写真撮ってたら、女の子がポーズしてくれた♪

かわいい~♪

なんてキュートなの

スレッド:海外旅行記 / ジャンル:旅行

2008.08.26[Tue] Post 19:45  CO:0  TB:0  Travel  Top▲

Château de Versailles



Château de Versailles

ベルサイユ宮殿

起床5:30。

パリ市内から郊外に走るRERのC線(C5)に乗って
”Versailles Rive Gauche”(ベルサイユ・リヴ・ゴーシュ)行きの終点。

降りて5分も歩けば目の前に宮殿が!!

残念ながら、お天気は曇りで・・・しかも寒い!

更に残念なのは、正面が改修中だったこと~。

上の写真は、正面の門。
きらびやかな王冠が輝いてました。
(お天気が良く真っ青な青空だったら更に生えることでしょう)

ベルサイユ宮殿 map


上のMAPのように、とーーーっても広いので
ベルサイユでは丸1日かけました。

宮殿だけで午前中。

庭はとても広大なので、歩いたらへとへとです。

でも、庭はゆっくり見たいもの。。。

腰が痛く、肩も凝るほど歩いて・・・

疲れ果てて帰るころには・・・無口。(あはは・・;)


水庭 ↓

ベルサイユ宮殿


ベルサイユ宮殿の ”鏡の間”

ルイ13世から引き継いだルイ14世(太陽王と呼ばれいる)が
当時の最高技術を駆使して造らせたというもの。

前に、ドイツ(バイエルン王)ルートヴィヒ2世のノイシュヴァンシュタイン城
にある、ここ(ベルサイユ宮殿、鏡の間)をまねして作られた部屋を見たので
どんなに凄いんだろう!?と期待して行ったが・・・

こんな ↓ あまりに観光客が多くて
なんだか凄さを感じなかった・・・(涙)


ベルサイユ宮殿

それでも、3年の歳月をかけて行われていた修復工事も終わり
見ることが出来て良かった。

中世の華やかで贅沢な時間を妄想・・・。


宮殿から庭を・・・

ベルサイユ宮殿

スレッド:海外旅行記 / ジャンル:旅行

2008.08.26[Tue] Post 19:45  CO:2  TB:0  Travel  Top▲

Cathédrale Notre-Dame de Paris


Cathédrale Notre-Dame de Paris

ノートルダム寺院

(汗・・・)写真が斜めってしまいましたが・・・傾いてません;;

パリのノートルダム大聖堂です。(Cathédrale Notre-Dame de Paris)
ノートルダム寺院とも言われています。

フランス 公式サイト → http://www.notredamedeparis.fr/

フランスのいろいろな所に”ノートルダム大聖堂”といわれる教会がありますが
ノートルダムとはフランス語で「我らが貴婦人」”聖母マリア”を指すのだそうです。


ゴシック建築

周辺の文化遺産とともに1991年にユネスコの世界遺産に登録されました。

1163年パリ司教シュリーによって着工し、1345年に完成。

ここまでに、約180年もかかったのですね~。
どれだけの人が働いたのだろうか??

ノートルダム寺院


1831年のヴィクトル・ユーゴーの小説『ノートルダム・ド・パリ』の舞台のモデルとなりました。
(「ノートルダムのせむし男」)

ノートル=ダム・ド・パリ (ヴィクトル・ユゴー文学館)ノートル=ダム・ド・パリ (ヴィクトル・ユゴー文学館)
(2000/11)
ヴィクトル ユゴー

商品詳細を見る


ノートルダムの鐘 (ディズニー・クラシックス)ノートルダムの鐘 (ディズニー・クラシックス)
(2004/09)
ヴィクトル ユーゴーアイリーン メッキ

商品詳細を見る



バラ窓のステンドグラス

キリストの姿が描かれています。

ノートルダム寺院


ナポレオン・ボナパルトの戴冠式などがここで行われました。 

ノートルダム寺院


「パリのセーヌ河岸」

ノートルダム寺院のすぐ脇には、セーヌ川。


シ


して


スレッド:海外旅行記 / ジャンル:旅行

2008.08.25[Mon] Post 23:59  CO:2  TB:0  Travel  Top▲

華麗なる・・・

opera


Opera Garnier (オペラ・ガルニエ)

オペラ座を見学しました。

ドレスアップしてオペラを見たかったのですが、
残念ながら8月はお休み。
内部の見学だけできます。
(フランスは、8月は夏休みでお店も開いてる店少ないし
旅行するのは6月か7月がお勧めかもね。)

opera
地下鉄から出てきたところから撮った写真。

お天気が良く、真っ青な空に煌びやかな金の像が映えますね~!!

opera



オペラ座の中は、ため息が出てしまうほど
華やかでゴージャス!!
ベルサイユ宮殿よりも凄い!と思ってしまいます。

(言い方代えれば・・・ うわぁ~派手だなぁ・・・・・(第一印象))

opera


↑天井のシャガールの絵は必見!!

シャンデリアともに、すばらしいほどに煌びやかです。


opera


8月は公演がないことを知りながらも、やっぱり残念!
長期のお休みが8月じゃないと取れないので
仕方が無かったけれど・・・・・

こんなゴージャスなところでドレスアップして観るオペラは
格別な気がしま!

opera

”オペラ座の怪人”をまた見なくては・・・

映画に出てくる番号のボックス席は無かったような・・・・



オペラ座の怪人 通常版オペラ座の怪人 通常版
(2005/08/26)
ジェラルド・バトラー

商品詳細を見る



別な日の夜、オペラ座を通りました。
夜もライトアップされてて綺麗でした。


opera

スレッド:海外旅行記 / ジャンル:旅行

2008.08.25[Mon] Post 23:09  CO:5  TB:0  Travel  Top▲

3日目 CHARTRES



早朝、パリから電車でシャルトルへ

パリから パリ・モンパルナス駅からシャルトル駅へ 急行50分~70分 駅から徒歩です。

シャルトル大聖堂 ~Cathédrale Notre-Dame de Chartres~

CHARTRES

残念ながら、正面は補習工事中でした。(涙)

CHARTRES

空は雲ひとつない良い天気となって、とてもすがすがしい朝でした。

左がロマネスク様式

CHARTRES


ステンドグラスが美しい バラ窓。

176ステンドグラス窓
CHARTRES


早朝、マリア様の前でお祈りしているかたが
数人、いらっしゃいました。


CHARTRES


12世紀の彫刻
 ロワイヤル・ポルタージュ

CHARTRES


~シャルトルの街並~

パリとは違って、緑が多くてのんびりとしていて
とても暖かみのある街でした。

CHARTRES

CHARTRES

CHARTRES

CHARTRES


2008.08.25[Mon] Post 01:08  CO:0  TB:0  Travel  Top▲

ロワール Val de Loire ~シュヴェルニー城(Chateau de Cheverny)~



三箇所目のお城は、Chateau de Cheverny
”シュヴェルニー城”


Chateau de Cheverny


一般公開スペース以外は、現在でも城主が住んでいます。

当代城主 ド・シガラ子爵まで700年もにわたり
同一の家系が相続してきたお城です。
中には、現在の子爵ファミリーの写真が飾ってありました。

お城では、どんな生活してるのでしょうかね。
現代ですからシャワーなんかも充実してるのでしょうか?


Chateau de Cheverny


木製の天井にも細かく模様が描かれていました。





Chateau de Cheverny

グリーンで統一されていて、なんだか落ち着く部屋でした。

カサブランカを飾ってステキですね。食卓!


Chateau de Cheverny

みんな同じわんちゃんたち。

食事は1日1回の17時のみですって。

だから、17時になるとみんなで一斉に吠え始めるのです!!

”飯の時間だぞ~ぉ!”って感じで・・・。

2008.08.24[Sun] Post 23:59  CO:0  TB:0  Travel  Top▲

ロワール Val de Loire ~シュノンソー城(château de Chenonceau)~


写真はこちらの方が綺麗なので、こちらを→シュノンソー城

シュノンソー城は、約400年間6代にわたり城主がすべて女性であったため
別名「6人の奥方の城」と呼ばれています。

特に国王アンリ2世をめぐる、アンリより20歳も年上だといわれる
愛人のディアーヌ・ド・ポワティエ・本妻カトリーヌ・ド・メディシスの
2人の女性の愛憎劇は有名です。(昼ドラなみ??)

王が好きだったのは、愛人の方みたいですよ。
本妻は若いのに、20歳も年上で美人でユーモアのある愛人が良かったのでしょうか?
ガイドさんの話では、王は愛人のディアーヌ・ド・ポワティエの部屋に入りびたり。
若いけど、綺麗じゃなく気も強い本妻は
壁に穴を開けて、王と愛人の様子を伺っていたそうです。
(こわーーーい! 私だったら嫉妬で気が変になりそう! 知らない方がいいんです!)


王がなくなってから、本妻カトリーヌ・ド・メディシスは
愛人ディアーヌ・ド・ポワティエから城を取り上げ、追い出したそうです。

こちらの方のHPが面白いです↓
http://dramatic-history.com/lady/diane/diane_de_poitiers.htm

ロワール地方4
お城の中の部屋には、あらゆるところに、H C Dが組み合わさったマークがありました。
「アンリ2世」(英語読みヘンリー)のHと王妃「カトリーヌ・ド・メディシス」のCを組み合わせ、
さらに愛人「ディアーヌ・ド・ポワティエ」のDですって。

おそるべし三角関係!
HCD

こんな愛憎劇を想像しながら、巡るお城も・・・なんとも楽しいものです。

カトリーヌ・ド・メディシスの庭園 ↓
 黄色の花でコーディネイトされていました。

最初の庭園はディアーヌ・ド・ポワティエが作った広い方。
後から、本妻のカトリーヌ・ド・メディシスも庭園を造ったのですって。

シュノンソー城
カトリーヌ・ド・メディシスもなんだか可愛そうな人に思えてきました。

あたしだったら、愛人が作った庭を壊して
自分の庭園を作るでしょう。


ディアーヌ・ド・ポワティエの庭園 ↓↓

ピンクとホワイトを中心にした、愛らしい優しい配色で
愛ある庭園って感じ!

どちらの庭園が好きですか?
私は、愛人ディアーヌ・ド・ポワティエの庭園が好き。
シュノンソー城
なんと!愛人の庭の方が広いではないか!!



ガイドさんの話では、ディアーヌ・ド・ポワティエは
20歳も年上とは思えないほど、とても若くて美しかったそうですよ。

美と若さの秘密は・・・

愛と水浴でしょうか?


さて、お次は・・・

キッチン! ↓

女性の城と呼ばれるだけあって、キッチンがステキ。

シュノンソー城

(観光客が多くて・・・)


↓こんなステキなランプの下で調理してたのでしょうか?
夜は、暗いんでしょうね~。

シュノンソー城

↓食卓も可愛らしく飾られていました。
ここでは、王様たちは食事しないんでしょうね。
召使の食卓。

シュノンソー城
2008.08.24[Sun] Post 23:57  CO:0  TB:0  Travel  Top▲

ロワール Val de Loire ~シャンボール城(château de Chambord)~



ロワール地方の古城めぐり

最初のお城は、シャンボール城(château de Chambord)

シャンボール城

1519年にフランソワ1世が狩猟用の館として着工、建造されたものです。

ドンジョンと呼ばれる円塔を四隅に配したシンメトリックな外観。
広大な庭。大きなお城。
とても威厳があり堂々たる雰囲気を出していました。

(フランソワ1世とは、ユゴーによって「王は愉しむ」のモデルにされた人。
この戯曲がヴェルディ傑作オペラ「リゴレット」へと発展。女遊びの王様。)

前に、「リゴレット」オペラを見たので
思い出しながら、お城を見たのでいろいろ妄想できて
楽しさ倍増でした♪

いろいろな事を知ってて見学するのと、そうでないのと
全く楽しさが違いますね。

シャンボール城

フランソワ1世に招かれてフランスに滞在していた
レオナルド・ダ・ヴィンチが設計に参画したといわれる
二重螺旋階段。

正面と真裏の二箇所から階段を使用できて
正面の階段を使う人、裏の階段を使う人
すれ違うことはありません。

凄いな・・・・
こんな昔に、機能性とあくまでも美にこだわった素晴らしい設計。

シャンボール城

寝室。

この時代のベットは小さいです。
横は広いのですが、これでは足が出ちゃうんじゃぁ・・・?と
思うのですが、昔の人は死ぬのが怖いので
半身を起したまま寝たそうです。

仰向けに手を胸の上で組んで寝るのは死者だから。

そのように仰向けに寝ることを恐れたのですって。


シャンボール城

広大な庭は、王が狩猟を楽しむため。



シャンボール城


シャンボール城

シャンボール城には440個の部屋、84つの階段、暖炉へと繋がっている
365本の煙突を持つのだそうです。

廊下や部屋にある窓ガラス。 今はとてもお目にかかれない温かみのあるガラス
波打ってるのがとてもステキ。


興味ついでに↓↓↓

ガラスの世界



2008.08.24[Sun] Post 23:56  CO:2  TB:0  植物のある生活  Top▲

2日目 ロワール地方


2日目の今日は、ロワール地方へ

ロワール地方1

とても歩いて廻れないので、電車+現地タクシー?レンタカー?とも思いましたが
ツアーにしました。

パリビジョンで申し込んだツアーは、他の国の人と一緒。
私たちが参加したバスは、英語・イタリア語・日本語でした。
ガイド付きなのに、どうやってガイドするんだろうと思ったら
3人のガイドが乗っていて、順番に話すのです。

こんなのも面白いですね。

意外と外国語の勉強にもなるし♪



ロワール地方2

こちらの本を読んで行くと、面白さが増します。
フランスものしり紀行 (新潮文庫 (へ-2-7))フランスものしり紀行 (新潮文庫 (へ-2-7))
(2008/04/25)
紅山 雪夫

商品詳細を見る


ロワール地方3

全長 1020kmにもおよぶロワール川

このロワール地方に、中世のお城が多くあります。

ロワール地方4


アンリ2世の愛人ディアーヌ・ポアチエをはじめ
「6人奥方の館」とも呼ばれる。
女性城主だけあって、女性らしいお城です。

中世の愛憎劇を想像しながら、
いろんな事を妄想して・・・お城を見ると面白さ倍増

たとえば、天井の絵がかなりエロチックの王様の寝室!!
毎晩、天井見てれば・・・
子供が10人以上できちゃうのもわかる!?
とかね。。。


ロワール地方5

観光地ですからね。こうやってパンを売ってたりするんですが
美味しかった~♪

スレッド:海外旅行記 / ジャンル:旅行

2008.08.24[Sun] Post 23:55  CO:2  TB:0  Travel  Top▲

paris  metroに乗って


metoro

parisでの移動は、もっぱらmetro(地下鉄)を使いました。

こちらのサイトで少し勉強していきました
http://www.ratp.info

上の写真は切符の自動販売機。
一回目はよく読めず、窓口で回数券(カルネ)を購入しましたが
よくよく見たら分ったので、次からは自販機で買いました。
自販機は、硬貨のみ。紙幣は使えないので窓口に行かなければ
なりません。
紙幣が使える自販機は、ほとんどお見かけしませんでした。

meroto駅構内

さてさて、parisの地下鉄の第一印象は!!

暗い! 臭い! 汚い! 怖い! でした。

や尿、体臭に香水。 この四つが入り混じった臭い。

うーーーー。イメージダウン。

でも、駅によって違うし、路線によっても違うようです。

地元の生活を感じられる電車は好きだし、楽しいので
臭いにまけず、もっぱらmetro♪

ルーブルの駅

駅によっては、ものすごく汚い感じのところもあるけど
 ルーブル美術館に行くのに使う、 ↑↑ この駅は
 美術館的雰囲気を出していました。

 なんだか、ルイ・ヴィトンっぽい。 高級感あり。

電車の中

parisって自由な街ね。と実感したのは
電車の中でなんでもあり!
ワンコも普通に乗れるし、電車のなかで演奏もあり!

暗い、地下道では いろいろなストリート?ミュージシャンが
いて面白かった!!

日本だったら、”ちょっと頭おかしい人!”と思われがちなシーンも
parisでは芸術?
結構、お金(小銭?)をトレイにあげている人が多かったです。
日本だったら、無視・・・よね。

電車の中

窓ガラスは落書きのキズが多いです。

電車の扉は、ハンドルみたいのを回して
手で開けるのです。(路線によっては最新電車で自動ドア)
このハンドルが、結構、硬くて重いの。

それなのに、フランス人。気が短いのか
ホームについて、まだ電車が止まりきってないのに開けるのです。
まだ少し動いてるのに、降りるからすごい!

metoro

スレッド:海外旅行記 / ジャンル:旅行

2008.08.24[Sun] Post 20:11  CO:2  TB:0  Travel  Top▲

到着

paris市内

ビジネスクラスで行くぞと貯めた貯金。見事に燃油サーチャージに化け
エコノミーでフランスへ。

旅の始まりは飛行機から♪が私のモットーだったのですが
ここ最近、いろいろな理由でJAL。

まーいっか。と期待しないで行ったら
チェックインでダブルブッキング?座席指定で航空券をとったにもかかわらず
席がない!!

で、ワンランク上の ”プレミアムエコノミー”♪
ラッキー!
エコノミーと食事は違うし、アメニティグッツはエグゼクティブクラスと同様
席もなかなか広い!!
シャンパンも飲み放題~♪(←エコノミーじゃ飲めない)

parisに到着し、17時に借りたアパルトメントヘ。
それがなかなか見つけられず、30分以上ウロウロ。
せっかくの飛行機でのいい気分も、すっかりなくなり・・・あせりー;;;

部屋の説明を受け、その足で早速街へ繰り出しました♪

まず、アパルトメントから歩いて行ける凱旋門

ナポレオンが戦勝を記念して建設を命じたもので
(ナポレオンはローマ帝国の凱旋門に憧れていた)
完成したのはナポレオンの死後15年後。

凱旋門

↑写真は、凱旋門の下から、通りを向いて写したもの。

凱旋門 階段

272段の階段を登って・・・

螺旋階段で、目が廻りそう・・・・

凱旋門 階段


凱旋門 階段

凱旋門から、エッフェル塔まで歩いてみました。
途中、可愛いお店があるかしらん?とウキウキしながら
歩いたけど、夏休みでお休みのお店が多いし
お花屋さんも一軒しか見かけませんでした~。うーん。残念・・・

エッフェル塔

エッフェルさんが作ったから、エッフェル塔!

普通の色のエッフェル塔が見たかったのですが
私が行ったときはブルーにライトアップされてました。
(貴重といえば貴重ですね)
フランスが7月1日から6カ月間にわたり欧州連合(EU)の議長国となるのを記念して
6月30日からエッフェル塔がEU旗にちなんで青色にライトアップされました。
ライトアップは8月末まで。
まさに、私たちが日本に帰宅する日までです。

(コンデジでも三脚持ってけば綺麗に撮れたかしら・・・?)

スレッド:海外旅行記 / ジャンル:旅行

2008.08.23[Sat] Post 22:10  CO:0  TB:0  Travel  Top▲

paris

cdg

2008.8.23 フランス パリへ

バラの名前にもある ”シャルル・ド・ゴール”空港に到着 (15:30)

凱旋門

8月のフランスは21時になっても明るいので
思いっきり遊べました♪

写真は凱旋門の上。
ヨーロッパの女の子は、かわいい~!!


paris

ご無沙汰してます。

書き込みして下さった方!ありがとうございます!!
お返事は、旅行のパッキングを片付けてからゆっくりと
させて頂きます。ごめんなさい!!


無事にpariにたどり着きました~。ちょっとした問題でネット繋がらず・・・
さらに、友達に貸した私の携帯電話の充電器が bowm! と爆発したので
充分に充電していかなかった私の携帯電話は、日本に帰って来てから
数分で、電池切れ!!!
(貸す前に、充電しておけば良かった・・・)

無事の帰宅を連絡しようとも出来ずごめんなさい~!!(樹里たんへ!)

で、充電のアダプタが買えなかったので
買って充電したら、連絡します・・・(涙)

まずは、帰宅のご報告!

とりあえず、コンデジ写真を今日はアップしますが
他の写真は整理したらボチボチupします~。


スレッド:海外旅行記 / ジャンル:旅行

2008.08.23[Sat] Post 20:20  CO:4  TB:0  Travel  Top▲

Jardins de France (ジャルダン ドゥ フランス)

シャルダン・ドゥ・フランス

蛍光のサーモンピンクで花びらのフリルが
とってもステキだったので、今年から我が家に!!

花付きも良いし、病気にもなりにくいそうなのでこれからが楽しみです。

鉢植えにしておくか、地植えにするか迷うところ。。。


*---------------------------------------------------*

夏休みで、姪っ子・甥っ子が来ていたのですが
雨だったので、家の中でWii大会~!!

「Wii Fit」を持参でやって来たので
みんなで燃えましたよぉ。
私も、先週食べまくり、飲みまくりだったので
気合を入れて「Wii Fit」。

ヨガや、筋トレ・・・一通りしてみました。結構キツイのね。

そして、またもや燃える ”マリオカート”4人で対戦!
バトルは燃えるね~!!
「Wii Fit」より、汗かいちゃったり・・・

思いっきり遊んだのでした~。

スレッド:バラが好き。。。 / ジャンル:趣味・実用

2008.08.17[Sun] Post 19:28  CO:6  TB:0  植物のある生活  Top▲

Charles de Gaulle (シャルル・ド・ゴール)

シャルル・ド・ゴール


この暑さで、花は小さめで色も赤みが強いです。
ホントはもっとブルー(ラベンダー紫色)で花びらも
ゆるやかで綺麗なウェーブになるはず?なんですが・・・


フランスの軍人 ”シャルル・アンドレ・ジョゼフ・ピエール=マリ・ド・ゴール ”にちなんで
付けられた、この薔薇の名前は”シャルル・ド・ゴール”ハイブリッドティ(HT)

”シャルル・ド・ゴール”といえば、フランスの空港の名前でもあります。

フランス メイルランド(Mailland)1974年作出

ブルー系の薔薇は香りが好き♪

*-----------------------------------------------------*

フランスつながり・・・(関係ないですが)で今日の夜はフレンチ。

今日行ったのは、 テレビでもおなじみのソムリエ田崎真也さんプロデュースの
レストランS(れすとらんえす)”
お店の中は、ブラックで統一されています。(テーブルクロスも黒!しかもレザー)


ワインが200種類以上も置いてあって、しかもボトルが全部\3,990!!
中には(貴重なもの)お高いのもあるようですが、どれを頼んでも
この値段なので、安心!
でも、あまりの種類の多さに何を頼んでいいか迷うところ・・・
ソムリエ資格のある店員さんにお聞きすれば、好みのワインを
いろいろな説明つきで選んでくれるのでお任せ♪

そしてお料理は(夜のコース)1種類3,990円のプリフィクスコースのみ
メニューは→ レストランS メニュー(ぐるなび)

お通し"のようなアミューズという(当日の一口前菜)
から始まって・前菜・温かい一皿・メインをそれぞれ7品目ある中から選びます。
あとは、デザートとコーヒーor紅茶orハーブティーです。

最初に、スパークリング そしてワイン・・・最後に アルコール度の強い ”グラッパ”

結構・・・酔いましたので(汗)
ラストのデザートは何だったかさっぱり???
3人で行ったのですが、一人ボトル一本以上のペース
(ワインの値段を気にしないと・・・こうなる・・・)

レストランS

ちょっと残念だったのは、私には室内の照明が暗すぎ。

黒のテーブルクロスに、床のじゅうたんも濃いブルーなんで
食事をとるには暗すぎかな。
逆に、ワインはかなり進んでしまいます・・・が。(そこが狙い目か?)

お料理は残念ながら撮りませんでした。
中には、フラッシュたいて写真撮ってる人もいましたが
この雰囲気でフラッシュ!?写真って雰囲気がこわれちゃううかな。

ドレスコードは無いと言っても、このレストランの中
年齢層はかなり高め。(お盆の時季だから?)
カジュアルと言ってもみなさん割ときちんとした格好でした。

それにしても、このお値段設定はGOOD! 嬉しい限りです♪


スレッド:バラが好き。。。 / ジャンル:趣味・実用

2008.08.15[Fri] Post 17:12  CO:0  TB:0  植物のある生活  Top▲

ふうせんかずら

フウセンカヅラ

写真は、”風船かずら”

白い小さなお花もかいわいいけど
風船状の果実を鑑賞して楽しみす。

これから取れる種もかわいいのですよ。
黒い直径3mmくらいでハートのマークが付いちゃってるんです。

”ふうせんかずら”涼しげで良いですよね。


*------------------------------------------------------*


今週は、通勤電車のすいてること!!

都内も空いてて・・・通勤がとっても楽です。いつもこんなだったらいいのに~。

八重洲富士屋ホテルのビヤガーデンで暑気払い!

ホテルの大広間の中で浴衣を着た女性とビールが飲める!
そしてちょっとしたマジックショーをテーブルでやってくれる!
だけど、室内なのは残念でした。
やっぱりビールは、暑い中、外の空気で飲むのが一番♪

最後は、ケーキ食べて帰宅♪

八重洲


スレッド:■お花が好き♪ / ジャンル:趣味・実用

2008.08.14[Thu] Post 17:11  CO:0  TB:0  植物のある生活  Top▲

神楽坂



素敵な日本料理のお店に連れて行ってもらいました★

そのお店は、神楽坂の 毘沙門天の左脇路地を入って
少し歩くとあります。


毘沙門天

お店の外には、メニューに料金が書いてないし
小さなお店なので、もしかしたら一見さんお断り?的な雰囲気。

”とても素敵なお店なんだよ。”と連れてきてもらったので
入ることが出来ましたが、飛び込みで入るには躊躇してしまうかも。
中に入ると、シックな色のカウンター7席、テーブル2つ。

私たちはカウンター席だったのですが、
カウンターからはフラットに板さんのまな板が!!
目の前で板さんの、すばらしい包丁捌きをみることができます。

この板さんが、これまた粋でかっこいい!!
着物にたすき姿!!
いやー職人ですよ。

貴重な存在です。


残念ながら、お料理やお店の中の写真は撮れませんでしたが
器もどれも素敵なものです。
季節ごとに、お皿も入れ替えるのだそうです。



天然杉「曲げわっぱ」でつくられた
徳久利(とっくり)


お酒を頂くときに使われていた器も楽しめました。

桧 桝型酒器
これで頂くと、冷たい日本酒がほのかな桧の香りを放って
いつもの倍美味しい!

四角いので、注ぎづらいかと思いきや
ふたには対角線に溝があって、こぼれず注げる優れもの

・純銀の徳利で、江戸切子のおちょこ
 夏は、これ涼しげでいいですね~。


天然杉「曲げわっぱ」でつくられた徳久利(とっくり)


 これには、氷が入ったお冷でした。
 食事のあとに・・・・


そうそう、お料理はおまかせコースのみ。

おだしとゆずがが効いたお通し。
押し寿司、しゃも、お造り、トウガンなど等
最後は、土鍋での炊きたてご飯。おこげ。お漬物に赤だし
デザートは桃のシャーベットでした。

もう、はちきれんばかりのお腹!!

粋な板さんの包丁さばきに、丁寧な盛り付け。一品一品両手で
素材の説明しながら出してくれるお料理に惚れ惚れです。
そして、おおらかで素敵な女将さんに、また会いに来られる男性も多いのでは?


日本料理




2008.08.12[Tue] Post 09:33  CO:0  TB:0  グルメ  Top▲

暑いのに忙しい・・・

20080810_n1.jpg

セミがいっぱい出てきました。

早朝から、るびーがセミを追いかけて吠えるので
寝てられません~

参っちゃうわ。

そして、庭に出せば・・・

干物になってしまっている、セミを
バリバリ音たてて、食べてるし!!!
(セミはうまいのか???)


初めて、携帯動画に挑戦してみました。↓

るびー の穴掘り。



画像悪いなぁ・・・・・

スレッド:ダックスフント大好き♪ / ジャンル:ペット

2008.08.11[Mon] Post 20:43  CO:0  TB:0  犬のいる暮らし  Top▲
まとめ
Log in*/RSS*】  Design 「AZ+」Plugin Template...  Page Top▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。